Pocket
LINEで送る

スクリーンショット 2016-06-16 18.29.28

「あぁ、今日も起きることができなかった・・・。」

寝起きの時計を見て、いつも通りだったことに、がっくりきたこと。

ありませんか?

 

かくいう私も、このパターンに陥りました^^;

「いきなり早起きなんて無理!」

そう思った私は、1つずつ、ゆっくりと自己改革を行うことを決意。

 

ようやく6か月が経過しそうですので、そのなかで得たコツだったり、ポイントをシェアします。

きっと、早起きをしようと思っている方には、メカラウロコの情報だと思います(笑)

 

(あんまり、いい情報ってないんですよね〜(笑))

 

スポンサードリンク

 

こんな人にオススメです。

・自分を甘やかすのが得意な人

・これまで早起きなんてしたことない人

・無理して気合いを入れて早起きしたくない人

 

1、早起きするメリットを”自分で”決定する

これ、めっちゃ大事です(笑)!!!

つまり、漠然と「早起きしてみよか♪」とトライしても、ほとんどうまくいきません(泣)ということ。

 

よくよく考えたら、旅行の前なんて睡眠時間が短くても、早起きできますよね?

それは、飛行機に間に合わない!という表面的な理由のウラ側に、『たのしい旅行!日常を忘れよう!』という、最高のメリット。

いや、プレゼントといってもいいかも。

そういったものがあるから、自然と起きれるんですよね。

 

だったら、毎日それを自分で作っていけばいいんじゃない?

と、思い立ち実行。かなり効果的でしたね。

 

参考までに、私のメリット(プレゼント)としては、

・早起きすると、朝から爽快な気分で仕事ができる(冗談抜きにキモチいい!

・なんだかんだんで、朝飯がうまい(これが本当にうまいから不思議

・早朝のコーヒーをすすっている自分を最高だと酔う(なんとなく勝ち組な気分w

 

ざっと、こんな感じでしょうか。

結構、単純な内容なんですが、これが効果的です。

 

重要なのが、自分だけのメリット、ということですね。

よく本とかネットでは、「新鮮な野菜ジュースを飲む」とか、「ランニングする」とかありますけど、私はそこにメリットは置いておりません。

そもそも、ミキサーないし(笑)、ランニングは定期的にやっていますが、雨の日の早起きはどうするんだ?と、私には向いていなかったんですよね。

 

ということで、自分で考えてみて、これだ!と思うことをメリット(プレゼントとかご褒美)として、設定してみる。

 

大事なポイントですが、紙に書き出す!ということ。

これ忘れずにやってみてください!!!!

 

ぜったいに、やったほうがいいですよ。

頭の中で考えたことなんて、忘れるし覚悟が決まらないから。

 

そして、朝起きたら、メリット(プレゼント)を子供のように受けとる。

このサイクルで、まずは習慣化していくことが大事かと。

 

スポンサードリンク

[ad#co-1]

 

2、すぐに朝飯を食べる!意思に頼らず、体から起こす

どうせ2度寝します。人間なんて、そんなもの。

だったら、2度寝できない状況をつくりましょうよ、と。

それが、このすぐ朝飯を食べるという作戦です。

 

はじめのうちは、寝ぼけたまま目玉焼きをつくったりしていましたが。

しかし、数日やってみると、朝飯がうまい!うまい!

そして、食っている間にあら不思議!目が覚めてしまうんですよ(笑)

 

そう、意識をなんとかするのではなく、体そのものを起こしてしまうということです。

 

水を飲むのが効果的!とあったので、試してみましたが、そんなことでは効果がなかった(笑)

やっぱり、しっかり口を動かして、食道や胃を活性化させたほうが確実です。に目が覚めます!

 

そして、ここからが重要です。

『朝飯後の2度寝は、どうしても眠かったらOKとする』

このゆるいルールを設定することで、3日坊主を防ぎました。

 

なんたって、早起きは慣れていないと本当に眠いです(笑)

いきなり習慣を変えられるほど、人間そこまで良くできてないです^^;

ですから、どうしてもムリ!というときは、潔く寝ます。

 

それでも、「早く起きて朝メシは食べた=早起き達成!」としました。

こうして、小さな成功体験を積んでいくことですよね。

 

ちなみに、自分だけのメリットとして、「最高にウマイ朝食をとる!」というのも、アリですよね。

ランニングとか、読書やっている人もいるようですが、継続となるとハードルが高いかと。

 

だったら、人間の3大欲求である”食”を、早起きするためのツールとして活用する。

これは、非常にラクですし、なんなら料理にも興味が湧いてきます。

たのしいですよ。朝の調理って^^

 

3、早起きできたら、カレンダーに◯をする

カレンダーはなんでもいいのですが、早起きできたら◯する。

これを3日でもやってみてください。

「おお、3日も続いたな!」と、じわじわ嬉しくなりますよ。

 

こういった地味な積み重ねが、長く続けるためには、本当に重要ですよね・・・。

 

そして、私は下手にノルマは設定しませんでした。

例えば、「今月は全て◯をつける!」なんてことすると、絶対にやらない理由を探しだします(笑)

「あぁ。いいか。毎日なんてキツイし・・・。」と、2度寝のループに陥るのが目に見えています。

 

ですから、まずは◯をついたことに、純粋にうれしい♪と思う。

いや、ほんとにうれしいのです。

これまで、早起きなんて習慣にならなかった自分にとっては。

 

そして、はじめの月は10個でも◯がつけば、万々歳!

よくやった、と自分を褒めて、だんだんと◯の数を増やしていくんです。

 

私がやってみて、本当に効果があったのは、これだけ

と、まあ、いろいろと書いてきましたが、効果があるものだけをご紹介しました。

今後も、続けていくなかで、これは!と思うものは、記述していきます。

 

ちなみに、「早起きのためには、早寝」という情報も試してみました。

しかし、早く寝よう!と思うと逆に寝れませんでした(笑)

 

ですから、早き起きる→早い時間に眠くなる→早寝になる、というパターンの方が、私には合っていましたね。

 

追記:補足ポイント

上記に追加して、小手先のテクニックですが、やってみて効果があったものを書きます。

 

・アラームを遠くに設置

これは効果的(笑)

私の場合、台所に仕事で使っている携帯でアラームをセッティング。

朝、台所で「ゔぉ〜〜ん。ゔぉ〜〜ん。」と、はげしい音を立てます。

 

いやでも止めたくなるので、必然と布団から出て、歩くことになります。

そして、フライパンやまな板が目に入るので・・・。

「よし、料理するか!」となりますね。これは比較的、オススメなテクニック。

あくまで、テクニック。これに頼ると、きびしい(笑)

 

ということで、いろいろ試してみましたが・・・

こんなこと言うとあれですが、この情報が必ずしも、あなたに合っているとも限りません(笑)

 

だいたい3〜6か月という、ゆるい期間を使って、いろいろ試してみて、じっくりと習慣にしていく方がいいです。

そのなかで、自分に合っているものだけを残していく。

 

これだけ、情報が多い世の中です。

結局は、自分で体験して、確認していくしかありません。

1つずつ、やってみてください。

 

まとめ

早起きのコツは以下の3つだと、体験を通じてわかりました^^

 

・早起きのメリットは自分で決めて、プレゼントのように受け取る!

・起きたらすぐに朝飯!(その後の2度寝は、OK!)

・カレンダーに◯つけて、小さな達成感を味わう

 

スポンサードリンク

[ad#co-1]

Pocket
LINEで送る